しなの追分馬子唄道中は毎年7月の第4日曜日に開催する軽井沢町最大級の夏祭りです。

令和2年には35回目となり、すっかり町民の夏祭りとして定着しました。

見どころは江戸時代の装束に身につけて当時の中山道の往来を再現した馬子唄道中。馬を引くのは追分節保存会。伝統芸能を継承しています。もちろん、追分馬子唄を唄いながら、往復約1.6kmの追分宿を練り歩きます。

装束を身に着けて行列を組む“役者”さんを毎年募集。参加費は無料です。募集を開始次第このページでお知らせします。